Skip to Content

食前と食後で飲むタイミングは違う?

Written on 9月 21, 2016, by

バイアグラのおかげでかっこよく生きる男性

EDに悩む男性を治療する画期的な治療薬が発明されてもうすぐ20年が経とうとしています。

その薬の名前はバイアグラと言い、ファイザー製薬が1998年に発売したED治療薬です。

実は現在では世界各国で多くのED治療薬が販売されていますので、バイアグラ以外にもさまざまなED治療薬があるのですが、今でもED治療薬と言えばバイアグラというくらい知名度の高い薬ですし、このバイアグラがあるから各社もED治療薬の開発に着手したと言っても過言ではありません。

薬の世界では常にトレンドがあるので、生活習慣病治療薬を大手製薬会社が開発し始めると、やはりライバル会社も負けじと開発を始めます。

近年では認知症やがんの治療薬の研究開発も進んでいますが、未だに毎年1000億以上の売り上げを誇るED治療薬は薬の世界では大きな大発見だったと言えます。

そしてそのバイアグラの大発明に続けとばかりに発売されたのがドイツにある大手製薬会社のバイエルのレビトラです。

この薬の特徴としては、バイアグラが食後の服用で効き目が出づらかったことや、完全な空腹時じゃなければ効き目が薄れることを克服し、多少の食事では影響が出づらくなっていることが特徴として挙げられます。

バイアグラとレビトラで比較した場合、バイアグラは当然食事の影響を強く受けてしまいますので、食事をしてしまった後に飲むとしたら、かなり時間を空ける必要があります。

つまり飲むなら食前が効果的です。

同様にレビトラも食前が効果的ではありますが、食後でも多少であればバイアグラよりは影響を受けにくいということで、絶対ではありません。

食べた内容や量によっては時間を空けたとしても影響は出る可能性も否定出来ないので、そういう意味ではバイアグラもレビトラも効き目を考えるのであれば使用するのは食前がオススメです。

そしてバイアグラ、レビトラに続いてアメリカのイーライリリー社によって発売されたED治療薬がとても画期的で、なんとバイアグラやレビトラと違って食事の影響を受けないので、食前でも食後でも気にせず薬を飲んでも大丈夫なのです。

その薬の名前はシアリスと言い、効き目が続く長さもバイアグラやレビトラが4~6時間なのに対し、24時間以上の効き目が続くことが確認されています。

しかもどんなタイミングで使用しても食事の影響を受ける心配もないので安心です。

大体、ED治療薬を使用するとすればデートの時などが考えられるので、食事を取る可能性も高く、そうするとどうしても食事の影響を受けてしまうことがありました。

しかしその心配がなく副作用も少ないということで世界中に愛用者が多いED治療薬です。

効き始める時間は?

Written on 9月 5, 2016, by

未来を見つめる制服おとこ

最近ではバイアグラやレビトラ、シアリスなどのED治療薬が一般になりつつあります。

既に多くの男性の利用者を誇り、現在では特別な薬ではなくなってきています。

その最大の理由としましてはやはり副作用や効き目などの情報が浸透したことが一番の要因として考えられます。

発売当初はまだ、日本でも医師の診断が無ければ処方されないということもあり、なかなか気軽に処方してもらえる薬ではありませんでした。

実際に医師も情報が少なかったことから取り扱っている病院も少なく、慎重に処方されているといった印象でしたが、現在では多くのクリニックでED治療薬やED治療薬のジェネリック医薬品が処方されています。

もともと1998年にバイアグラが発売され、その後にレビトラ、その次にシアリスという順に発売されていったのですが、医薬品はすでに発売されている医薬品に対して何らかの優位性を持った薬として発売されます。

つまりED治療薬の世界においてもバイアグラの後に発売されたレビトラもシアリスも、バイアグラよりも効き目が長く続くとか、副作用が少ないなどの優位性が認められています。

しかし効き目がそれぞれの薬で違うということは、当然副作用や効き始めるまでもそれぞれの薬で異なります。

この薬はバイアグラやレビトラと比較して副作用は少ないと言われていて、効き目もマイルドなので安心です。

薬の持続時間もそれぞれの薬で異なり、バイアグラとレビトラの効果持続時間は空腹時の服用で服用後20分~1時間後くらいです。

しかしシアリスの場合は効果持続時間が1時間~3時間と言われており、バイアグラやレビトラと比較すると効果持続時間が少し長めですので、実際に効き目を期待しているタイミングよりも早めに薬を飲む必要があります。

ただバイアグラやレビトラの効果持続時間が4~6時間なのに対し、シアリスは24~36時間も効き目が続くので、早めに薬を飲んでも肝心な時に薬の効き目が切れるということもないので、少し余裕を見て薬を飲むという人が多いようです。

これがバイアグラやレビトラであれば服用後20分~1時間後くらいで効き目が始まり、4~6時間効き目が続いてその後効き目は衰えてしまいます。

ですので、事前に飲んでおいても長時間効き目が持続するシアリスの方が実際のED治療薬利用者には使いやすいと評判なのです。

もし、効き目が切れてしまったからといってバイアグラをまた使いたいとなった場合でも、最低1日以上は時間を空けなければならいので、効き目があっという間に切れてしまったからといって間を空けずに薬を飲むことはとても危険です。

ですので、長く効き目が続く薬がED治療薬の中でももっとも支持される理由もその使いやすさから来ています。ただ、その分聞き始めるまでが他のED治療薬よりも長いので、早めに服用すれば問題ありません。

シアリスの効果の持続時間はどれくらい?

Written on 9月 1, 2016, by

幸せの家族連れ

1998年にバイアグラが発売されてもうすぐで20年という月日が流れます。

バイアグラという画期的な商品が発売されたことによって、今まではもう治らないと思われていた勃起を薬の力で復活されるということで、製薬業界は大きく変わったといっても過言ではありません。

この夢の薬の開発によって、多くの製薬会社がバイアグラと同じED治療薬の開発に乗り出しました。言うまでもなくED治療薬は世界中で売れ続け、現在でも毎年数千億円の売り上げを上げる巨額市場です。

バイアグラを生み出した製薬会社はファイザー製薬ですが、その後ドイツのバイエル製薬とアメリカのイーライリリー社も同様にED治療薬の開発に成功し、発売されたのがレビトラとシアリスです。

この3つのED治療薬ではそれぞれ主成分が異なるので効き目も異なります。

その中でもレビトラやバイアグラと比較して一番後から発売されたのにもっとも人気が高く、現在では元祖ED治療薬のバイアグラよりも人気があるとも言われています。

その理由の一つは、レビトラやバイアグラと比較しても効き目が長く続くことです。

そしても一つの理由がバイアグラと違って食事の影響を受けにくいという部分にあります。これはバイアグラの場合、空腹時の服用かどうかで効き目が変わることから、シチュエーションによっては食後あまり時間が空いていなかった場合、効き目も薄れてしまいます。

しかしレビトラやバイアグラと違って空腹時など服用するタイミングを気にせず使用出来るので、実際に利用しやすく愛用者も多く存在します。 そして最後がレビトラやバイアグラと比較して一番副作用が少ないという点にあります。

レビトラやバイアグラで多く見られる顔が赤く高潮するなどの副作用もなりにくいので、クリニックでもシアリスを勧める医師が増えています。

そしてバイアグラの持続効果が4~5hなのに対し、レビトラが5~6h効き目が持続するということで、バイアグラよりも若干効き目が長く続くようになりましたが、なんとシアリスは24h~最大36hという長さで効き目が続くことが確認されていますので、実際に使うタイミングよりもだいぶ前に服用される人も多いと言われています。

特に土日休みの人たちであれば、シアリスを飲むのが金曜の夜という人も多いそうです。

そうすると、金曜の夜に服用して日曜の朝まで効き目が持続するということで、海外では週末に服用する人が多いことから「ウィークエンドピル」と呼ぶ人も多いそうです。

肝心な時に効き目が切れてしまっては台無しなので、レビトラやバイアグラと比較して多くの人に選ばれる理由は効き目が長く続くというところが最大のポイントなのです。